スタッドレスタイヤへの履き替え

スタッドレスタイヤについて述べる

スタッドレスタイヤの交換時期について、毎年早めに履いて、遅めに外すようにしています。

スタッドレスタイヤへの履き替え

スタッドレスタイヤの履き替え時期は毎年悩ましいところですが、私は基本的に早めに履きかえして、遅めに外すようにしています。

本当かどうかは試していないのでわかりませんが、スタッドレスタイヤの方が減りやすいという理由で、もったいないからぎりぎりまで履かないという人もいます。

ですが私は、初雪の予報が出る前だと店も空いていて対応が早いし、降雪前でも凍結している箇所もあるため、安心感があります。

私がよく利用している、『スタッドレスタイヤ(新品・中古)をさがす』でも、早めに準備すればハイシーズンよりお得だったりすので、お財布にも優しいです。

逆に、春にはゴールデンウィークあたりまでそのまま履き替えないようにしています。

山間部などではまだ残雪があったりするので、こちらも安心できます。

どうせ2〜3シーズンも履けば、距離に関係なく、ゴムが劣化してくるため履き替えなければいけないので、むしろあまり履かないまま劣化させる方がもったいないと思います。

ただし、夏タイヤに比べて、普通の道路状況で走るときには、グリップ力が低下するなど、あまり好ましい状況ではないので、ぎりぎりに変えるというのも、正解だと思います。

結局は雪が多い地域かどうか、最悪の場合、車がつかえなくても生活に支障が出ないか等、その人の生活条件次第で対応が変わってくるので、いつ変えるかはケースバイケースという答えが正解だと思います。